モバイル」カテゴリーアーカイブ

地下鉄で最適な情報端末は何だったのだろう

地下鉄内でネットが使えるようになっていくらしい。今後は都内で電波が切れるということを体験することはほぼ無くなると思われるので、今のうちに、そんな時代を振り返って書き残したいと思う。

電波が途切れがちな地下鉄で最適な情報端末は何だったのだろう。

モバイルノートPC、今時何でもソーシャル、クラウド、Webにつながってないなんてありえない。WebアプリはHTML5オフラインサポートをまともにやっているところを見たことがない。辛うじてキャッシュしててもブラウザ更新ボタンを押したら死亡。リードオンリーならまだしも、書き込みがまともに出来るサイトなんて見たことがない。

Android/iPhone、専用ネイティブアプリが充実、さすがにオフラインでも起動はするし、通信が切れていても情報くらいは表示してくれるのが一般的、Webアプリと比べれば100倍快適!キャッシュも多いから、過去データの閲覧ならば十分快適にできる!ただし、書き込みについては依然として弱くて、電波が切れるとTweetすらできなくなる。やはり常時接続前提の端末だと思う。

携帯電話、こいつこそ、東京の地下鉄事情に最適な端末だと思う。メールはオフラインでも書けるし、受信済みのメールはもちろん読める。オフライン状態でメールを送信しようとすると、次にオンラインになるまでメールをプールしてくれて、オンラインになったら勝手に送受信してくれる。地下鉄でのちょっとした確認ならiチャネルの字幕程度で十分だ。

さあ、ガラケーを持ち歩く理由がまたひとつなくなろうとしている。これを機に、ガラケーは死滅したってほぼ誰も文句を言わないだろう。

山岳部出身の僕から言わせれば、山では最近(2006年頃)まで、ドコモはMovaしか使い物にならなかった。部ではFOMAは禁止だった(故にauの人が多かった)。山では充電もできないし、電池は低温だと性能が低下する。電波も途切れがちだ。携帯電話の普及によって、山で救助の呼び出しに使われることが増えたらしい。賛否両論あるが。それによって救われた命もあるだろう。山に登るなら、今でもガラケーと、携帯ラジオは外せない。(免許取って無線機もあった方が望ましいが)

僕は万が一山で遭難したときのために、十分に電池が長持ちして十分に丈夫で防水なスマートフォンが出るまでは、ガラケーを持ち続けたい。


Apple 開発者登録をした時いきなり英語で問い合わせした話

iOS開発の登竜門開発者登録をしました。
手順については

既に詳しい情報がたくさんあるので、そちらを参照してください。私は以下の記事を参考にしました。
http://blog.altemasoft.com/article/39445460.html
http://iphone.o-84.com/pub-apps/regist-apple/join-iphone-developer/

多くの方が既に書かれていますが、既にAppleIDを持っていても、開発者登録のためには英語名での登録が必要のため、再度AppleIDを発行する必要があるようです。

私も、開発用に早速AppleIDを作りました。開発者登録を進めると、途中でアップルジャパンのサイトに切り替わり、そこでは日本語の決済情報が求められます。通常は英語で登録された情報に上書きする形で日本語を入力するのですが、私はここで日本語を入力すると、後で文字化けすることが怖くなり、もう一つの日本語で登録された方のAppleIDで再度ログインをし(カートには「開発者登録」が維持される)、その情報で決済をしてしまいました。

翌日、Appleからメールが送られ、メールに記載されたリンクをクリックすると、なぜかアクティベーションは成功しません。Contact usとか表示されます。まさかと思い、日本語の方のAppleIDでログインし直してみると、そちらでは先の画面に進めましたが、いわゆる日本語が文字化けした ?が表示されてしまってそこから先へ進めませんでした。

どうやら、後からログインした日本語の方のIDに紐づけられてしまい、しかも日本語のアカウントではDeveloper登録できないという罠に引っかかって身動きが取れません。

仕方なく、先ほどのContact usをクリックし、お問い合わせをしました。私の至らない英語で、ちゃんと伝わるか不安でしたが、翌朝返答があり、再度もとのメールのリンクをクリックすると、無事開発者登録を完了することができました。

せっかくなら、そのときのへたくそな私の英語をここに記載し、あわよくば添削していただこうと思ったのですが、どうやら手元に残っていないようです。

先方からの返事はここに転載していいか分からないので自粛しておきます。

ということでいきなり英語でのお問い合わせを経験したのですが、アプリ開発をやってこられている方の間では、まだまだ序の口のようです。今後、Rejectされたり、Rejectを抗議したり、などなど、やり取りは日常茶飯事とのことなので、これからiPhoneアプリ開発を挑戦されるかたは、最低限、英語アレルギーをなくしておきましょう。とはいっても時々日本語で返事が来ることもあるみたいなので、中の人には日本語がわかる人もいるかもしれないとのことです。

ではでは


第4回iPhone Developer Workshopに参加しました

http://workshop.iphonework.biz/2010/12/30/%E7%AC%AC%E5%9B%9B%E5%9B%9E-iphone-developer-workshop/

こちらの勉強会に参加してきました。僕は去年末にiPod touchを買ったばかり。今年になってからMacを買ったばかり。Xcodeは昨日ダウンロードしたばかり。Objective C?え、ないそれ?そんなど初心者として参加してきました。

午前はライトニングトーク、午後はもくもくと開発という感じでしたが、間の昼食も含んで、開発者の方の話が聞けてとても有意義でした。午後のWorkshopでは、それぞれはもくもくと開発するという形でしたが、ひとり寂しく開発するよりこのような形だととても作業がはかどりますね。


iPhone SDK アプリケーション開発ガイド

僕は不慣れなXcodeで、右の本を読んでひたすらサンプルを打ち込んでいましたが、慣れないため結構はまってしまい、正面の@Nekomimimiさんに助けて頂きました。一人だったら、おそらくもっとはまって時間が流れていってしまったと思います。

規模は小さいですが、とても良い勉強会でした。次回も参加します!

以下はメモがわりにtweetしていたものです。最初の4つは僕の発言ではありません。

http://twitter.com/susumuis/status/28993023278845952

http://twitter.com/susumuis/status/29004189690503168

http://twitter.com/susumuis/status/29005073220636672

http://twitter.com/susumuis/status/29009406918131712

http://twitter.com/susumuis/status/29009406918131712

あと、Interface Builderを使う派と使わない派が分かれることを知りました。@Nekomimimiさんは使う派で、@saku2sakuさんは使わない派とのこと。僕は買ってしまった本が本なので、使わない派になりそうです。