月別アーカイブ: 2015年5月

クラウド解約して自宅鯖に移行してよかった3つのこと

先日ブログがバズった話

先日 メイドカフェがプログラマーのノマド作業に最高な理由 という記事を書きました。そしたら、はてなブックマークのホットエントリーに載せていただいてしまい、5月6日から5月13日までの1週間で 23,428 回のページの訪問をしていただきました。

スクリーンショット 2015-05-17 22.13.58

ピークは5月7日の9時台で分間1915ページビューでした。グラフで見ると、その瞬間だけ針のように突き出しているのがわかります。

スクリーンショット 2015-05-17 22.15.24

はてブ数では、1週間で465人の方にブックマークしていただきました。自分の周りのブログを見渡してみても、100ブックマークくらいでそこそこ流行った部類のようなので、結構有名になってしまったようです。

ところでこの記事を配信する直前、このブログを配信しているサーバーを、Google Compute Engine (GCE) からいわゆる自宅鯖(自宅サーバー)に移行していました。今日はその話を書きます。

自宅鯖にしてよかったこと

使いたい時にさっとPCを使える

最近のPCは起動が早いとはいえ、ちょっとPCを使おうとした時にいちいち起動しているのは面倒くさいです。サーバーとして使用しているPCは落とさないので、ついでに、そのPCを使って音楽など聴いたり、Twitterをチェックしたりできます。

外出先からも、家のPCをリモートデスクトップで操作できる

リモートデスクトップを使えば、外出先からも家のPCを操作できます。MSのリモートデスクトップはかなり優秀で、モバイル回線でもサクサク動くし、音をアクセス元のPCで流すこともできます。

しかしリモートデスクトップを使うには肝心のPCを立ち上げておかなければならないので、サーバーとしてブログを配信するついでにリモートデスクトップのサービスも立ち上げておけば無駄がありません。

これで、いつでも自宅のプリンターを突然動かして家族を驚かせたり、MacなのにWindows美少女ゲームを動かしたりできます!

メモリなどのスペックが、最低料金GCEよりも良い

最近VPSや、IaaSクラウドは安くなっています。しかし、最低の料金で運用すると、GCEのf1-microだとメモリが0.6GBしかなく、ストレージも多く割り当ててしまうと高いので、僕は5GBだけストレージを使っていました。しかし、近年パソコンの性能は非常に高いので、サーバーとして使っても結構な高性能だったりします。

どんな構成で作ったのか

OS

ここまでの記述を見ていただいてわかる通り、マシンをサーバー用途専用に使っていません。音楽を聴くなどの普段用途でも使うので、OSはWindows 8.1 Professional を入れています。

サーバーをWindowsで運用するのは慣れていないので、その上に、Hyper VでUbuntu LTE 14.04をセットアップしました。

マシン

マシンはASUS F553ma という廉価版のノートPCを使っています。 Celeron N2830, メモリ4GB, HDD 500GB、15.6型ワイドTFTカラー液晶(1,366×768ドット)、何と言ってもコスパ最高だと思います。僕はヨドバシカメラで3万5千円で買いましたが(それでも安い!)、ASUS アウトレットで29,800で売られていました。(笑)

ミドルウェア

  • HHVM
  • Maria DB 5.5
  • WordPress

インストール方法は
GCE上のDebianに Nginx / HHVM で 23.5msecでレスポンスする 爆速WordPress立ててみた。 と同じです。

Ubuntuには初めからaptでMaria DBをインストールできたのですが、なぜだか、 MariaDB - Setting up MariaDB Repositories - MariaDB からインストールした方がパフォーマンスが段違いによかったです。my.confの設定などが違うのかと思ったのですが原因特定できていません。

WordPressは、ディレクトリごとGCEからSCPで持ってきました

ネットワーク、DNS

自宅用のISPは通常、固定グローバルIPが振られず定期的に切り替わります。それではWebサイトを配信することができませんが、Dynamic DNS サービスを使うとドメインのIPアドレスを動的に切り替えることで、Webサイトを自宅サーバーから配信できるようになります。今回は [MyDNS.JP] (http://www.mydns.jp/) を使用しました。

ドメインはすでにムームードメインで取得し、ムームーDNSを使用していました。いろいろ方法はあると思いますが、僕はCNAMEレコードを使用してmydnsのドメインの転送する方法を取りました。

スクリーンショット 2015-05-17 23.32.44

ただ、MyDNS.jpは認証にSSLを使っていないのが気持ち悪いので近いうちに 第334回 Route 53でダイナミックDNSを運用する:Ubuntu Weekly Recipe|gihyo.jp … 技術評論社 のような方法に変えようと思います。

まとめ

VPSやIaaSクラウドもいいけど、自宅に固定回線引いてノートPC立ち上げっぱなしにするなら、自鯖もいいよ!って話でした。


メイドカフェがプログラマーのノマド作業に最高な理由

「お帰りなさいませ!読者様\(^o^)/」

最近僕は外で趣味のプログラミング作業をするのに最適な場所を見つけました。

秋葉原のメイドカフェです

(゚Д゚) ハア??

お前は「萌え萌えきゅーーーん!」しながらコーディングできるのかと思ったあなた、ちょっと待ってほしい!メイドカフェこそプログラマーが趣味でプログラミングをする最高の場所であると叫びたい。

このことを、もっとみんなに伝えたく、この記事を書きます。

プログラマーの作業場としての条件

僕は自宅ではあまりPCを使用しないので、外で快適に作業できる場所を探していました。

電車でコーディングしてみたり
首都圏でJR線の一筆書きルールを利用してノマド作業をするのに適したコース9選
コワーキングスペースもいくつか利用しました。そんな僕には悩みがありました。まずはその悩みを打ち明けます。

コワーキングスペースは緊張する

コワーキングスペースはノートPCを持ち込んで仕事をする専用の施設です。必要なものは全て揃っています。

しかし、コワーキングスペースを主に利用するのは個人事業主の方たちです。彼らはそれで生計を立てている立派な方々です。そのため、コワーキングスペースにいると、取引先と電話する声とか、チームメンバーに叱咤激励する声とか聞こえることがあります。

この雰囲気って会社に近い!?

緊張感は大切です。しかし、僕の場合、趣味で楽しくプログラミングをしたいので、場違いな感じがしてきます。小心者ですみません。

カフェや普通の飲食店では気を使う

最近は、電源やWifiを使える飲食店が増えています。

しかし、この手のお店はいろんな人が出入りします。トイレに行きたいとき、PCをテーブルに置いていくのは不安で、僕はよくPCを持ってトイレに入ります。。。

それに、お店のことを考えると何時間もコーヒー一杯で粘るのは申し訳なさすぎて落ち着きません。最近はスタバでMac使う人も多いですが、そうではない人にはどう自分が見られているのかと思うと落ち着かなくて、30分とかで出てしまいます。

なぜネットカフェではだめなのか

ネットカフェは時間制の料金体系です。時間内なら堂々とブース内を占領できます。しかも壁で座席が仕切られていて、周囲の目がありません。

周囲の目がないということは、だらけ放題です。そこは本来、ネトゲしたりマンガ読んだりするための空間です。こんなところで集中してプログラミングなんてできるでしょうか?

僕はできませんでした。

なぜメイドカフェが良いのか

それでは、メイドカフェがなぜこれらの問題を解決したのかを述べていきます。

全部のお店が萌え萌えきゅんきゅんしているわけじゃない

テレビなどで取り上げられているメイドカフェのイメージでは、メイドさんとじゃんけん、おいしくなるように魔法をかけてくれるなど、過剰に「萌え」を強調しています。

確かにそういうお店もありますが、すべてのお店がそういうわけではないありません。大半のメイドカフェは意外と静かです。

お店によって実にいろいろなコンセプトがあります。まあ萌え萌えが好きならそういうお店に行っても良いと思います。

電源、Wifi完備の場合が多い

秋葉原のメイドカフェは電源・ネット設備が整っている場合が多いです。立地条件が秋葉原だからニーズが強いのでしょう。

店員が丁寧

メイドカフェの店員「メイドさん」は、一人一人が大事なお店のキャラクターであり、名前を名乗ってお給仕をしています。そのため一生懸命な子が多いですし、

長時間居やすい

せっかくメイドカフェに来たのだからコーヒー一杯飲んで10分で退店してはもったいないですよね。そのため、店としても回転重視ではないサービス設計をしています。

大体が1時間あたり500円から1000円くらいのワンオーダーやチャージ制が主流のようです。数時間以内ならコワーキングスペースのドロップイン料金とあまり変わりません。

リピーターに優しい

駅前でキャッチやビラ配りをしているメイドカフェは実は一部のお店です。キャッチによる一見客に頼らない多くのメイドカフェは営業戦略としてリピーター客を重視する傾向があります。

そのため、数回利用するだけで顔を覚えてくれます。前述の通りメイドさんも覚えやすいですから、お互いに分かっている状態になり、安心して過ごすことができます。

疲れたらメイドさんが話してくれる

メイドさんは、お給仕の合間に、話しかけてくれます。集中が切れたら、メイドさんと会話してリラックスするのも良いでしょう。

さすが秋葉原、趣味の街なのか、メイドさんが実は同人作家だったり、フォトショやイラレを使いこなしてたりして、プログラミングなどよほど女の子受けしないことをやっている僕なんかとも、話が盛り上がったりします。

ただし、メイドさんは少ない人数で多くのお客さんに食べ物を運んだり相手をしなければいけませんから、一人で長時間独占できません。それがかえって作業に戻るのに都合が良かったりします。

どんなメイドカフェが良いか

ここまでの説明を読んで、ちょっと秋葉原のメイドカフェに行ってみようかなと思った方のために、お店の紹介記事を書きました。

ノマドに最適な秋葉原のメイドカフェ

くれぐれも駅前でキャッチに引っかかるのではなく、上記記事に紹介したような落ち着けるメイドカフェに行って、メイドカフェ作業を体験していただきたく思います。

メイドカフェで作業する僕
メイドカフェで作業する僕。メイドさんに撮ってもらいました(^o^)

まとめ

仕事頑張った後は、メイドカフェで楽しくコーディングしよう! \(^o^)/